借地権の査定

さて、借地権のもう一つの特徴となるのが、その権利を、売ったり買ったり、相続したりすることができるという点です。親が契約している借地権は、息子に相続したりすることができ、誰かに借地権を委譲することができます。その場合、土地所有者の許可が必要な場合があります。このように借地権が誰かにわたるような時は、そもそもその借地権がどのくらいの価値があるのかという点を査定して貰う必要があるかもしれません。借地権の価値は、不動産鑑定士によって算出して貰うことが出来ます。

基本的な借地権の評価の仕方というものがあるのですが、そこでポイントになってくるのが「借地権割合」や「更地価格」です。また、誰に売るかという点も重要です。これらによって、借地権の価格は大きく異なってきます。土地の価値については、インターネット上で査定してくれるようなサービスもあります。

借地権は、その基本的なことだけを見ても、複雑な権利と言えます。特に権利を行使する際も何かと考えなければならないことがあります。様々な要素によって売却時や買収時の価格も異なってきます。土地を借りて家を建てるような時に必要となる借地権について、少しだけでも覚えておきましょう。


旧法と新しい法律

借地権に関わる法律というのは、国の法律が変化するに当たって変わっていきます。この借地権の無いように関しても例外ではなく、今までに内容が変わってきました。何故内容が変えられる必要があったのでしょうか。それは、権利の妥当性…いわゆる契約者と秘計役者の間の、差異が大きかったことにあります。旧法では、いわゆる土地を借りた側と、土地を貸す側の権利が、不公平である場合が大きく、いわゆる土地を貸す側は、その権利を途中で解約するということが基本的に出来ませんでした。現代では正当な理由があれば行えるようになっていますが、そういった点があって改正されてきたことが分かります。

今でも多くの方が、この旧法の借地権で契約が行われている状態です。その旧法で契約された借地権は、新法にそのまま乗り換える…変更するということが出来ません。旧法で契約された借地権はそのまま行使し、契約を満了してから新たに新法で契約するという方法しかありません。この点を理解しておくなら契約について良く分かるでしょう。これからも法律事態に変化が必要なことがあればさらに改正が加えられていくことになりますが、現時点での契約が有効となるでしょう。


借地権の種類とは

借地権は、大きく分けて2つの権利があります。まず基本的な権利である『普通借地権』、そして『定期借地権』に分けられます。それらは本当に借地権においても覚えておく必要のある基本的な権利となります。どのように違うか…それはその『借り方』が異なっています。

参考・・・借地権とは-「借地権 無料相談ドットコム」がご説明いたします

普通借地権は、いわゆる『期限』は厳密に言えば定められているものの、その期間を超えて借り続けることが出来る権利です。いわば、『更新』を行うことによって、長期間にわたって借地権を行使することが出来るのです。また、『建物買取請求権』という権利も、通常の借地権では認められています。

それに対して、定期借地権では厳密な『期間』が定められており、その期間を越えて借り続けることは出来ません。こちらは普通借地権とはことなり、契約の更新がありませんから、その契約期間が満了した際には土地を返還する必要があります。それで、必然的に建物買取請求権もありません。

二つの基本となる借地権にはこのような点で相違があります。私達がそれを何らかの際に用いる時も、より厳密なことについて覚えている必要はありませんが、こういった基本的な事項だけでも抑えておく必要があります。勿論契約時はもっと厳密な理解が必要になります。


借地権と私達の権利

私達が保有する権利というものはそれをどこで行使するかという点が重要です。行使することの適切な時があって、それによって私達は権利を行使したことによるメリットを得ることが出来ます。そのメリットは様々な分野において、それらの権利の意味を高めるものです。適切なときに権利を行使することができれば、よりそれらから得られるメリットも高くなります。

法律で定められているようなことであっても、それを用いることで大きなメリットを得ることがあります。今回取り上げる『借地権』という権利に関しても、そのような私達が得られるメリットがあると言えます。借地権とは、誰かから土地をかりることの出来る権利であり、その名の通り土地を借りなければならないような時に行使する権利となっています。土地を借りなければならない時とは、私達一般人であれば、『家を建てる』時がそれに当たります。自宅を建設する時には、ほとんどの人が自分自身の土地という物を持っていませんから、土地を借りる必要があります。

借地権は私達がほとんど関わることのない権利ですが、それについて知っておくことにより、私達が借地権について関わるようになった時に、役立つことになります。実際に家を借りるようなことがなくても、これからどうなるかは分かりません。ですから、基本的な事だけでも抑えておき、これからもそれについて活用出来るようにしておきましょう。どのようなことがあるのでしょうか。